『獏のゆりかご』稽古日誌 第11回(2019.11.3)

(写真左より松本紫、太田尾暁子、笠原直樹、松尾真樹)
(写真左より堀真幸、笠原直樹)

おはようございますー、菅原役の笠原ですー。
はやいもので2回目の稽古日誌の担当が回って来ました〜。1回目の時は暑かったのを覚えてますが、今はだいぶ涼しくなって来ました(^。^)
そんな訳で、なんと、あと何週間で本番となります。はやいですね〜。思えば一年前ぐらいから台本の読み合わせから始まって、筋肉体操なんてやってたのが遠い昔のように思えます(アレは嫌だった)。
ただ、泣いても笑ってももうすぐ本番、そして芝居の公演は一期一会、この同じメンバーでまた公演をする事は多分ないと思います。だからこそ、あとはこの最高の皆で最後まで駆け抜けるのみ。
演出のはたのさんが何ヶ月か前に言いました。『ギアをあげろ』と。
ラストスパートはトップギアで行きたいと思います。
そんなこんなで、最後までよろしくお願いします〜。

(笠原直樹)

ほんと涼しくなりました。
まだ「寒い」という域には入っていませんが… 寒がりの私としては、公演が終わるまでは寒くならないでほしいなあと願うばかりです。
筋肉体操、楽しいじゃないですか。
「筋トレでキツくなった時は、頑張るか、頑張れないかではありません。頑張るか、ちょー頑張るかの二択で考えて下さい。」
などの名言は、芝居にも通じるものがあります。
あと少しで全てが終わるからこそ、私もトップギアでちょー頑張りますよー。

(江平@管理人)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA