『獏のゆりかご』稽古日誌 第10回(2019.10.27)

(写真左より堀真幸、太田尾暁子、高崎賢一郎)

太田尾です。2巡目入ります!
今週は10月最後の稽古でした。あと何回稽古できるでしょう…。あ、焦る…。
さて、今回は小道具のおはなしをすこし。
あたふたでは、毎回何かしら食べ物が出てくるのですが、今回は「お弁当」です。
用意する担当は最年少の南ちゃんと最年長の私です。母娘ほど歳が違うんですわ。びっくり。
まあ、私のお弁当は自分で食べるのでテキトーですが、南ちゃんのお弁当は堀くんが食べるので、食べやすいように色々工夫しているようです。若い女子のお弁当食べられるなんていいなぁ。堀くんよ、羨ましいぜ!
そんなこんなで、来週は通し稽古です。がんばろー!

(太田尾暁子)

えっ今回の公演、太田尾が役者最年長なの??最年少が南なのは承知でしたが、最年長は意識していなかったです。びっくり。(ちなみにスタッフも含めると更に年長な者は複数います)
子どもが小さい時期は制作として参加していた太田尾ですが、前回公演で15年ぶりに役者復帰しました。とてもうれしいです。これからも、様々な事情で舞台から離れていた人、役者から離れていた人が戻ってこられる場所でいられたらと思います。
さて、堀は劇中で決まった時間内にお弁当を食べきらないといけないので、結構大変。昨日の稽古では食べるのに必死さが滲み出てしまい、「彼女が作ってくれたお弁当なんだからもっとうれしそうに食べないと」とダメ出しされておりました。本番ではうれしそうにおいしそうに食べられますように。

(江平@管理人)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA