『赤い薬』特集
劇場に足を運んで下さった皆さん、本当にありがとうございました。
暑い思いや狭い思いをして頂くことになってしまいましたが、
芝居の内容には満足頂けたと思います。

←お客様のando"WILDER"tetsuoさんから頂いたイラストです。かわいいイラストどうもありがとうございました!それぞれの役者の特徴が的確に捉えてあって見事です。

本番の日の朝も小返し。の前にみんなで発声。ちゃんと発声しないとのどに悪いのです。
↓楽屋入りしたばかりののんびりとした楽屋。

オペ室の二人。上が照明の舘田。下が音響の山田。↑↓
本当は横に並んでいる。

受付の準備↑
この日は晴れだったのでいくぶん楽だったが、
初日は雨だったので傘の預かり等で大変であった。

小道具のキャラメルコーン→
楽屋の鏡前にて。すぐ湿気るのが厄介。
中に入っているピーナッツの意義について
議論が戦わされた。

↑榎本の着付けをする上野。ちょっとやらしい感じ。

←池野が気に入ってみんなに買わせて喜んでいたおもちゃ。オーストラリア製で、卵型のチョコレートの中に小さな動物のプラモが入っている。縮尺がめちゃくちゃなので、ペンギンほどもあるカニとかがあって変。

         幕開きの近くなってきた楽屋。→
 緊張感が増してくる。「集中」の文字は高崎が持ち込んだもの。

「赤い薬」舞台写真集その1その2

 ここは劇団東京あたふたのOriginal Web Site「Tokyo Atafter」です。